ゲームアプリのレビューサイト【appli town(アプリタウン)】 プレイして感じたことを紹介します。

DERBY OWNERS CLUB ~ ダービーオーナーズクラブ ~|あのアーケードゲームがスマホで帰ってきた

 

ダービーオーナーズクラブ
SEGA CORPORATION

Android ios

ダービーオーナーズクラブ

【凱旋門賞日本馬応援 競馬アプリ特集】

パズルダービー|パズルでレースを戦う競馬ゲーム!?
ダービーインパクト|本格派競走馬育成ゲームアプリ
 

圧倒的なグラフィックの本格派競馬ゲーム

凱旋門賞ウィークということで競馬ゲーム第2弾!

ダービーオーナーズクラブといえば、1999年に稼働を開始し、その後バージョンアップを繰り返して長年愛されてきたアーケードの競馬ゲームだ。
そのダービーオーナーズクラブがスマホアプリとして蘇り、ついに100万ダウンロードを突破した。

アーケード版をプレイしたことがある人ならわかると思うが、ほとんどそのままスマホへ移植されていて違和感無くプレイすることができる。

また、初めてダービーオーナーズクラブをプレイするという人はまずグラフィックに注目して欲しい。
競走馬がレースを走るシーンだけではなく全面的に圧倒的なグラフィックで表現されている。
また、1頭1頭の毛色や星の形などマーキングも表現されていて細かい部分がとても良い。

ゲームのシステムは至って簡単だ。
愛馬を育成してレースに出走させる。それを繰り返し、能力が衰えてきたら引退。
その後引退させた愛馬同士でさらに次の世代を生産していく。

レースに勝つことも重要だが、その後にいかに強い血統を残していくかというところまで考えるゲームだ。
個人的には今までの競馬ゲームの中で一番面白いと感じている。

評価:4.5点 

ゲーム概要

『DERBY OWNERS CLUB』
(ダービーオーナーズクラブ)とは?
DOC、ダビオナ、ダビクラなどの愛称でたくさんのお客様に10年以上親しまれてきたセガの代表的ゲーム。500頭にも及ぶ有名実名馬、競走馬を育成、レース体験、馬主体験してください!

あなたは競走馬のオーナーとなり、調教やふれあいで愛馬を育て、レースを戦います。
育て上げ引退させた愛馬の血統を仔へと受け継がせて、より強い競走馬を作り出せば、GI制覇も夢ではありません。
今までの競馬アプリの常識を覆す美しいグラフィック!シンプルなムチ操作と5つの脚質による奥深いレースアクション!
すべてが最強クオリティ!

 

ゲームの流れ


ゲームの流れは、
「調教→エサやり→レース→調教」の繰り返し。
調教と餌やりで馬を強化してレースを戦おう。
 


各競走馬には「スタート」「コーナー」「馬群突破」「競り合い」「粘り強さ」「瞬発力」の
6つのパラメーターがあり、それぞれレース中に効果を発揮する。
このパラメーターによってその馬の脚質が決まる。
 


まずは調教。
馬のパラメーターを大きく伸ばすことができる。
自分の育てたいパラメーターが伸びる調教を選択しよう。

牧場を強化することで調教の成功率が上がる。
 


調教後にはエサをあげよう。
エサにも少しだがパラメーターを伸ばす効果がある。
 


次はいよいよレース。
実在のレースと一部架空のレースが登場する。

もちろんコースや距離など実際のレースの通りになっている。
 


レース中は自分で操作をする。
いくら強い馬を生産しても操作が下手だと勝てないので
自分の騎乗テクニックを磨いていこう。
 


レース中の操作は3種類。
「ムチ」と「追い」は愛馬を加速することができるがスタミナを消費する。
逆に「抑え」は減速してしまうがスタミナを回復する。

これら3つの操作で勝利へ導こう。
 


そして残念だが衰えてしまった馬は引退させることになる。
引退した馬は親馬となり、自分の血統をさらに強くするべく競走馬生産を行おう。

代を重ねるごとに親馬の能力を引き継いで愛馬は強くなっていく。
「血」の概念があることがダービーオーナーズクラブの最大の魅力だ。
 


オルフェーヴル・キズナの前哨戦として出走した凱旋門賞ではまさかの3着。
どうせなら景気付けに勝っておきたかった。
 

【凱旋門賞日本馬応援 競馬アプリ特集】

パズルダービー|パズルでレースを戦う競馬ゲーム!?
ダービーインパクト|本格派競走馬育成ゲームアプリ
 

『ダービーオーナーズクラブ』のDLはこちら

 

コメントコメント(0)

Copyright(c)appli town All Rights Reserved
トップへ戻る