ゲームアプリのレビューサイト【appli town(アプリタウン)】 プレイして感じたことを紹介します。

【攻略情報第4回】序盤におすすめの部隊|究極キャッスル攻防戦 – Castle Clash

 

究極キャッスル攻防戦 – Castle Clash
IGG.COM

Android ios

究極キャッスル攻防戦

 

【関連記事】

アプリレビュー : 究極キャッスル攻防戦 – Castle Clash
【攻略情報第1回】序盤の施設の優先順位(資源編)
【攻略情報第2回】序盤の施設の優先順位(戦闘編)
【攻略情報第3回】各施設の布陣のコツ
【攻略情報第5回】知っておくべき小ネタ
 

第3回まで主に施設について解説していたので、今回は戦闘で活躍する部隊の紹介をさせてもらう。

まずは序盤に雇用できる4種類の部隊の特長を頭に入れておこう。
 

ガーディアン


近距離攻撃タイプでそこそこの耐久力の部隊だ。
一番基本的な部隊で、正直なところ戦力としてはあまり期待できない。
しかし、ガーディアンは使用スペースが1とハンターやパイロマンサーの半分であり、とにかく物量を投入することに向いている。
 

ハンター


遠距離攻撃タイプの部隊でそこそこの攻撃力とそこそこのHPの中途半端なタイプだ。
同じ使用スペースならパイロマンサーの方が攻撃力があり、あまり使われているところを見ない。
だが、アーマーの相性だけを見ると対パイロマンサーには向いているようだ。
とはいえ、全体的に見ればあまり使われることは無いだろう。
 

パイロマンサー


攻撃・防衛どちらも中心となる部隊。
使用スペースが2と少ないにもかかわらず遠距離攻撃でさらに攻撃力も高い。
HPは低いがやられる前に敵を倒してしまうのであまり気にならない。
迷ったらとりあえずパイロマンサーを雇用しておけば問題無いだろう。
 

トレアント


とにかくHPが高く長生きしてくれる部隊。
攻撃時は防衛用の施設を再優先で攻撃してくれるのでうまく使えば監視塔をどんどん破壊してくれる。
ただ、防衛施設破壊のためにどんどん奥まで突き進んでしまうので勝手に敵軍隊キャンプに突っ込んで死んでしまうことも多い。
使い方次第でその戦略が大きく変わる難しい部隊だ。
 

防衛よりも攻撃で考える

基本の4種類の特長が頭に入ったところで実際にどれを雇用するかだが、防衛よりも攻撃を意識して考えた方がいいだろう。
防衛は部隊だけではなく他の施設も含めて全体で考えていくもののため、部隊がどれかというのはそこまで大きな影響にはならない。

しかし、攻撃は軍隊とヒーローしか参加できないのでどんな構成にするかがとても重要になる。
とりあえずは攻撃時のことを考えて雇用していこう。
 

一番最初におすすめなのはガーディアン

序盤は軍隊キャンプの数もレベルも低いので雇用できる部隊の数に限りがある。
その状況で色々と雇用するのは難しいので基本はガーディアンを雇用しよう。
とにかく数で攻める単純な戦法が防衛施設が少ない序盤は効果的だ。

ガーディアンだけでの攻撃に飽きてきたら他の部隊を試してみる意味でも少し混ぜてみてもいいだろう。
 

迷ったらとりあえずパイロマンサー

ある程度攻撃に慣れてきたらそろそろガーディアンの卒業時期だろう。
ガーディアンを雇用していた分でパイロマンサーを雇用してみよう。
数が減ってしまうがその分強いので心配ない。

とりあえず慣れてくるまではガーディアンとパイロマンサーを半分ずつ雇用するのがバランス的にもおすすめだ。
ガーディアンの物量で敵の攻撃に対する壁になってもらい、後ろからパイロマンサーの高火力を叩きこむのが一番やりやすい。
その後徐々にパイロマンサーの比率を上げて自分としてやりやすい配分を探してみよう。
また、訓練もパイロマンサーをメインにレベルを上げていけば無駄になることは無い。
 

余裕があればトレアントを4部隊程度用意する

ある程度要塞のレベルが上がってくると防衛施設が邪魔になってくる。
そこでトレアントを若干用意しておくと一気に戦いやすくなる。

トレアントは施設に対して攻撃力が250%に設定されているので城壁もあっさり破壊してくれる。
さらにHPも高いので監視塔の攻撃も気にせず逆に監視塔を破壊してくれる。

また、監視塔の破壊まではできなくても監視塔からの攻撃を受け持ってもらうための壁として投入したりもできるので一つ上の戦術を行うことができる。
 

グリフォンが意外と使いやすい

グリフォンの雇用はパイロマンサーをレベル5にすることで開放される。
余裕があれば再優先でグリフォンを開放することをおすすめする。

グリフォンはレベル5のパイロマンサーと比較しても攻撃力が1.4倍、HPが1.8倍もある。
また、パイロマンサーの特長でもあった遠距離攻撃はグリフォンも同様であり、さらに飛行タイプなので城壁を乗り越えたりガーディアンなど空中へ攻撃できない部隊には一方的に攻撃をすることができる。

その分使用スペースが3であったり雇用コスト・雇用時間がより多く必要ではあるが、戦力を考えると問題にはならない。
唯一あるとすれば、倒された部隊の補充に時間がかかってしまうので連続して攻撃ができないことぐらいだろうか。
 

第5回は知っておくべき小ネタの紹介
今回はここまで。
次回の第5回で一旦究極キャッスル攻防戦の攻略情報は最後にする予定だ。
一通りの基本的な部分は紹介出来たと思う。

最後の第5回では究極キャッスル攻防戦をプレイするために知っておくべき小ネタを紹介する。
 
 

【関連記事】

アプリレビュー : 究極キャッスル攻防戦 – Castle Clash
【攻略情報第1回】序盤の施設の優先順位(資源編)
【攻略情報第2回】序盤の施設の優先順位(戦闘編)
【攻略情報第3回】各施設の布陣のコツ
【攻略情報第5回】知っておくべき小ネタ
 

『究極キャッスル攻防戦 – Castle Clash』のDLはこちら

iphoneでダウンロード

 

コメントコメント(0)

Copyright(c)appli town All Rights Reserved
トップへ戻る