ゲームアプリのレビューサイト【appli town(アプリタウン)】 プレイして感じたことを紹介します。

【攻略情報第3回】各施設の布陣のコツ|究極キャッスル攻防戦 – Castle Clash

 

究極キャッスル攻防戦 – Castle Clash
IGG.COM

Android ios

究極キャッスル攻防戦

 

【関連記事】

アプリレビュー : 究極キャッスル攻防戦 – Castle Clash
【攻略情報第1回】序盤の施設の優先順位(資源編)
【攻略情報第2回】序盤の施設の優先順位(戦闘編)
【攻略情報第4回】序盤におすすめの部隊
【攻略情報第5回】知っておくべき小ネタ
 

第1回・第2回で施設の解説をしたので、第3回ではこれらの施設を使った効果的な布陣のコツを覚えよう。

結論から先に言ってしまうと各施設をどこに置くかの正解は無い!

他のプレイヤーの要塞を見ても十人十色で色々な形で布陣しているのがわかる。
それらの布陣を参考にしつつ、防衛レポートから弱点を減らしていく作業を常に繰り返していくことが必要だ。

ただ、施設毎に布陣のコツがいくつかあるのでそれらを知っているのと知らないのでは大きく違うのでここではそのコツを紹介する。
 

ゴールド貯蔵庫は一番安全な場所に配置する

他のプレイヤーを攻撃する一番の理由は「ゴールドを強奪する」ためだ。
自然な生産量では追いつかない分を他のプレイヤーから奪うために攻めるのが自分でも多いということがわかるはずだ。

そのため、ゴールドを奪われないようにゴールド貯蔵庫は一番安全な場所に配置しよう。
もし余裕があればゴールド採鉱場も安全な場所のほうがいい。


要塞の中心にゴールド関連の施設を全て配置し、その外に他の施設を配置した。
 

監視塔は内側に配置

監視塔はその広い攻撃範囲を活かすために要塞の内側のすぐには近寄ることができない場所に配置するのが基本だ。
監視塔の攻撃範囲内に城壁や他の施設を配置し、それらを攻撃させることで時間稼ぎをしつつ監視塔の攻撃で敵を倒していこう。


火砲の塔だと配置次第で全ての施設が攻撃範囲に入ったりもする。
 

城壁で重要な施設を守る

城壁はレベルアップさせるごとに耐久力が上がり強固な壁として敵を通さない。
(ただ、グリフォンなど飛行している場合は素通りされてしまうので注意。)
そのため、どうしても通したく無い場所や重要な施設は城壁で囲っておくといいだろう。

個人的におすすめなのはゴールド貯蔵庫と監視塔だ。
特に監視塔は壊されると一気に防衛力が下がってしまうので、固い城壁でしっかりと防御しておこう。


ゴールド関連施設と監視塔、監視塔を守るためのヒーロー基地を城壁内に配置した。
右側から攻められることが多いのでそこだけ城壁のレベルを高くしてある。
 

フィールドの端は実は危険

フィールドの四隅に重要な施設を配置してその外側に防衛施設を置けば穴熊状態で安全なんじゃないかと考えたこともあったがこれは実はもっとも危険な配置だ。

なぜならば、防衛側は施設を配置する限界となっているが、攻撃側は実はその外に軍隊を出現させることができるので背後をノーガードで攻められる状態になってしまうのだ。
四隅に要塞を作るのもいいが、その場合には背後にも気をつけなければならない。


右下の角に要塞を作っているのだが、これでは何の反撃もできずに資源を奪われてしまう。
 

施設と施設の間を3セル以上空けない

攻撃側の部隊は施設と施設の周囲1セル分の範囲には出現させることができない。
しかし、施設と施設の間が3セル空いているとそれが要塞のど真ん中だとしても部隊を出現させることができてしまうのだ。

城壁で囲っているにもかかわらずその城壁内部に空間ができていていくらでも部隊を城壁内に出現させることができる要塞をよく見かけるのでしっかりと隙間を埋めておこう。

施設を移動させたりした後に少しだけ白い範囲が見えると思うがそれが攻撃側の出現不可セルを表しているので確認しておこう。


城壁を二重に配置して外からの侵入には強くなっているが、
中に大きな空間があるのでせっかくの城壁を素通りしてど真ん中に部隊を出現できてしまう。
 

第4回は攻守の要となる部隊の紹介
第4回では攻撃・防衛どちらでもメインとして活躍するおすすめの部隊を紹介する。
 
 

【関連記事】

アプリレビュー : 究極キャッスル攻防戦 – Castle Clash
【攻略情報第1回】序盤の施設の優先順位(資源編)
【攻略情報第2回】序盤の施設の優先順位(戦闘編)
【攻略情報第4回】序盤におすすめの部隊
【攻略情報第5回】知っておくべき小ネタ
 

『究極キャッスル攻防戦 – Castle Clash』のDLはこちら

iphoneでダウンロード

 

コメントコメント(0)

Copyright(c)appli town All Rights Reserved
トップへ戻る