ゲームアプリのレビューサイト【appli town(アプリタウン)】 プレイして感じたことを紹介します。

【攻略情報第2回】初心者向け契約猟でのハントについて|Deer Hunter 2014

 

Deer Hunter 2014
Glu Games Inc.

Android ios

DH_00

関連記事
アプリレビュー:Deer Hunter 2014
【攻略情報第1回】初心者向け基本画面について
【攻略情報第3回】逃げる・襲われる標的(ターゲットについて)
【攻略情報第4回】肺ショット、ハート(心臓)ショットについて

 

コースについて
契約猟・許可猟…何度でも挑戦する事が出来る。

狩猟シリーズ…ステージ数が決まっている。一度クリアすると、再び挑戦することは出来ない。地域1でもそこそこ難易度が高い。

トロフィー猟…次の地域に進むために、クリアすべきステージ。
度クリアすると、再び挑戦することは出来ない。

クラブハント…一つのミッションを他のユーザーを協力して達成する。
Googleplay,AppStoreに上がっている「協力してチャレンジ」とはこの部分のことだと思われる。
クラブハント許可証を持っていると、金額に応じた回数チャレンジする事が出来る。
※1度だけなら、許可証がなくとも入れるようだ。
 

アヒルを仕留める
DH_17
DH_16
アヒルというので、水辺で泳いでいるのかと思いきや、飛んでいるアヒルを仕留めることになる。
ポイントは、アヒルを追わないこと。
スコープを外した状態で、アヒルが沢山いるところを確認し、
アヒルが通りそうなところで、構え、スコープ内に入ったら撃つ。
割と当り判定はシビアではなさそうなので、多少照準がずれてもかまわず撃ってみよう。(写真はちょっとずれすぎている)
 

クズリやシカを仕留める
DH_18
とにかく撃つ。
標的が無限に出てくる、シカやクズリ系の標的は、
特にテクニックは必要ないので、とにかく、沢山撃つのが良いと思う。
ためし撃ちや、各銃のリロードにかかる時間を体感するもの良いだろう。

クズリは、うまくいけば、2体同時に仕留めることも出来る。
今後地域が進んでいくごとに、肺ショットやハートショットを
多数求められるようになるので、ここで練習してみよう。

ちなみに、簡単に狩れてしまうので、弱く見える「クズリ」ですが、
北欧では猛獣として恐れられているようです。

参考:北欧 クズリ最強伝説
http://www.nhk.or.jp/darwin/program/program026.html
 

次回は、狩猟シリーズで多数出現する、「逃げる標的」「襲ってくる標的」の狩り方について
 

関連記事
アプリレビュー:Deer Hunter 2014
【攻略情報第1回】初心者向け基本画面について
【攻略情報第3回】逃げる・襲われる標的(ターゲットについて)
【攻略情報第4回】肺ショット、ハート(心臓)ショットについて
 

『Deer Hunter 2014』のDLはこちら

 

コメントコメント(0)

Copyright(c)appli town All Rights Reserved
トップへ戻る