ゲームアプリのレビューサイト【appli town(アプリタウン)】 プレイして感じたことを紹介します。

ディバインゲート|頭よりも反射神経!スピード重視で攻撃を叩き込む

 

ディバインゲート
GungHoOnlineEntertainment

Android ios

ディバインゲート

アプリのクオリティが高すぎる

あのパズドラを生み出したガンホーの最新作ということで否が応でも期待は高まっていたが、実際にプレイしてみて期待以上の出来に感動した。

ゲームが楽しいか楽しくないか以前にものすごくプレイしやすい!

3Dではないが、カットインなど演出は多いにも関わらず、動作は重くなることが全く無かった。
むしろサクサク進みすぎて気持ち悪いぐらいだ。
また、通信回数も可能な限り少なくなっており、待ち時間はほとんど無い。

アプリのクオリティは今までやってきたアプリの中で最高と言ってもいいかもしれない。

肝心のゲームの中身もパズドラとは全く違った戦闘システムを採用しており面白い。

戦闘システムはトランプの「スピード」が近い。
それぞれ色が異なるエナジーパネルを2つ以上同じ場所に出すことができればそれで攻撃が成立する。
エナジーパネルを動かすときの忙しさもスピードに似ていて短時間にたくさんの動かさなければならない。
頭を使うというよりも反射神経と指の動きの正確さが必要だと感じた。

ディバインゲートの基本的なシステムはパズドラと同じなのでパズドラプレイヤーはすんなり入れるはずだ。
また、パズドラをプレイしていない人でも最近のスマホゲームはほとんど同じ仕組みなので問題無いだろう。

デザインは全体的に黒と紫で統一されており、ダークファンタジーのような雰囲気だが、スタイリッシュさや若干のアメコミ感も出ていた気がする。

評価:4.5点 

ゲーム概要

□■ガンホーが放つ新作スマホゲーム■□

パネルを駆使して、世界の謎を解き明かせ!
スピーディー&スタイリッシュな新感覚ゲーム……それが【ディバインゲート(ディバゲ)】だ!!

□■ストーリー■□

聖なる扉<ディバインゲート>は開かれた。

西暦は聖歴へ、
ひとつの扉は時代を変えた。

混乱が訪れたこの世界に、
人間、妖精、悪魔、獣、機械、ドラゴン、
数多の種族による、数多の想いが交差する。

皆、聖なる扉に隠された「真実」を追い求めて。

さぁ、
開かれた扉の、その先へ―。

 

『ディバインゲート』のDLはこちら

 

ゲームの流れ


まずは定番の火・水・風属性のユニットの中から1人を選択する。
初期のリーダースキルがパズドラの御三家と同じだったので、
この3人がディバインゲートの御三家ということになるのだろう。
 


戦闘はこの5×5のパネル上で行われる。
プレイヤーはこのパネルを縦横自由に移動して「?マーク」のパネルから鍵を入手し、
奥のゲートに進めばゴールだ。
 


だが、すんなりと進めることはなく、どこのマスで敵が現れるのか、
アイテムがどこにあるのかは移動してみないとわからない。
 


敵と遭遇したらバトル開始だ。
エナジーパネルをガンガン動かして攻撃の手数を増やしていこう。
意外とこの時間が短いので考えている暇があれば指を動かそう。
 


揃えた分だけ攻撃ができる。
この間一切処理落ちしないところが驚きだ。
 


パネルの移動には回数が決まっている。
そのため、どのルートをたどってゴールするかが重要になってくる。

最短で行こうと思えばいくらでもできるが、
あえて遠回りをしないと強くなれないというところが面白い。
 


インターフェイスは黒と紫を基調にしたおしゃれな感じに整っている。
パズドラとは雰囲気がガラッと変わった印象だ。
 

『ディバインゲート』のDLはこちら

 

コメントコメント(0)

Copyright(c)appli town All Rights Reserved
トップへ戻る