ゲームアプリのレビューサイト【appli town(アプリタウン)】 プレイして感じたことを紹介します。

口先番長|今までになかった斬新なシステム!しりとりで戦う「口撃型」ワードパズルゲーム

口先番長
Sony Music Entertainment(Japan)Inc.
AndroidiOS

口先番長

勝負を決めるのは自分の語彙力

「口先番長」は、しりとりをバトルに繋げた斬新なゲームだ。

40秒の間にしりとりで単語を作っていき、その単語の長さや数によって敵にダメージを与えることができる。

なるべく長い単語でなるべく多く繋げていくことでダメージが大きくなっていくが、50音全てがしりとりに使えるのではなく、25文字+「ん」「ー」しか使うことができない。
この25文字を5回までランダムで入れ替えることもできるが、一斉に入れ替えとなるので自分が使いたい単語を作れないことも多い。

普通のしりとりではなくこの文字に関する制限があるので、自分の語彙力が試されるゲーム性になっている。
最初は「しりとりぐらい余裕だろう」と思っていたのだが、文字の制限と40秒という短い時間を前にすると自分の語彙がとにかく少ないということを実感して愕然とする。

ただ、これぐらい難しいほうが面白い。
限られた中で長い単語を作ることができた時は興奮するし、うまく単語が作れない中で出来る限りしりとりを繋げられた時はよく出来たと褒めたくなる。

口先番長は、他のスマホゲームのようにカードが強ければなんとかなったりお金の力で勝利するということはほとんど存在しない。
その点も好印象。

昔ながらのしりとりにゲームとしての楽しさをうまく上乗せできた良いゲームだと感じた。

もし現状のシステムで他のプレイヤーとのリアルタイムしりとりバトルが機能として存在していたら満点だった。

評価:4.5点  風船4.5

ゲーム概要

▼▼つないでキメろ!お前だけの言葉を。▼▼

未だかつてない、しりとりと格闘の融合!
超「口撃型」アクションワードパズルゲーム、それが『口先番長』だ!!
毎日スマホで文字入力に勤しむ、全ての人へ。

【ゲーム概要】

しりとり+格闘=口先番長!

「しりとり格闘」とは、
「どちらがよりスゲーしりとりを繰り広げられるのか?!」
という、センス・知識・反射神経、すべてを駆使した闘いである!

  『長い言葉は攻撃力が高い!』
  『使える文字は毎回異なる25文字!』
  『3文字以上の言葉でチェインボーナス発生!』

などのルールが加わることで、誰もが知るしりとりが全く新しいゲームに生まれ変わる!

 

ゲームの流れ

暴力で強さを決める時代は終わった。
今のタイマン勝負はしりとり!暴力反対!!という時代のお話。
 

登場キャラやアプリ全体のデザインは不良系ゲームのテイスト。
ただ、暴力的なシーンは一切無いので安心してプレイすることができる。
 

しりとりはこのように25文字(小文字と濁点・半濁点含む)と「ん」と「ー」の中から単語を作らなければならない。
しかも40秒しか時間が無いので結構と焦ってしまう。
どうしても単語を作れなかったり必要な文字がなかった場合には5回まで文字の入れ替えを行える。
 

文字数が長ければそれだけ点数が高くなり、さらにライフの回復や入力時間の延長も文字数に寄っては発生する。
3文字以上の単語が続くとチェインが発動するのでできれば3文字以上の単語を続けたい。
 

しりとりのダメージによって相手のライフが0になったら勝ちだ。
相手もガンガンしりとりで攻撃してくるのでこちらも負けずに単語を作っていこう。
 

収録単語は50万以上でちょっとした辞書よりも圧倒的に多いようだ。
そのため、あまり聞かないような単語もたまに登場する。
そもそも「ルインアーム」というのは何なのだろうか・・・。
 

どうしてもしりとりで勝てない人はアイテムをうまく使うことで解決ができる。
色々な種類があってサポートしてくれるので、ここぞという時は使ってみてもよさそうだ。
 

自分が出したスコアを他のプレイヤーと競い合えるランキング機能が用意されている。
会心のしりとりでランキング上位を目指してみよう。
 

『口先番長』のDLはこちら

コメントコメント(0)

Copyright(c)appli town All Rights Reserved
トップへ戻る