ゲームアプリのレビューサイト【appli town(アプリタウン)】 プレイして感じたことを紹介します。

ボカロダマ|VOCALOIDの新技術を搭載したすごい音楽ゲームアプリ

 

ボカロダマ
Yamaha Corporation

ios

ボカロダマ

ボカロは凄いがかなり難しい

Megpoid (メグッポイド)や、がくっぽいどで有名なYAMAHAのVocaloidから、音ゲーが登場!音声ライブラリは、「YV1」を採用。
下から上へと流れていく「ボカロダマ」を正しい色のパイプへ移動させて正しい曲を演奏させることがこのゲームの目的だ。
正しく移動させることができればきちんと歌ってくれるが、間違うと音痴になってしまう。
誰もが聞いたことのある曲から、J-pop、Vocaloidファンならおなじみの曲まで。
連続で成功させて、ハイスコアを目指そう。

とここまで簡単に書いたが実際にプレイするとこれがものすごく難しい。
まず間違った色のボカロダマを見つけることが難しい。
画面が小さい上にパイプの色の差がそこまで大きくない。

次にボカロダマを正しいパイプへ移動させることが超絶難しい。
これがこのゲームの中心となる操作なのにそれが一番大変だった。
そもそもスマホサイズの画面で動いているものに合わせてタップすることが難易度が高い上に横にフリックさせる勢いを調整しないと正しいパイプに動かすことができない。

ビートマニアやポップンミュージックのようなゲーム性を想像していたユーザーは予想以上の難易度に驚くだろう。

評価:3点 fu_sen2

vocal1

ゲーム概要

◇ その歌声は、機械が奏でた
7本のパイプが伸びる奇妙な機械。
なんとこの機械は、歌声のタマ(ボカロダマ)を滅茶苦茶に生み出し、音程の狂った歌声を奏でるのだ!

◇ スライド操作で音程をキメろ!
操作はカンタン!ボカロダマを左右にスライドして、同じ色のパイプの上に乗せるだけ。
君が操作に成功すれば機械は正しい音程で歌うけど、失敗すると間違った音程で歌ってしまう。
君のスーパーテクニックで、音痴な機械に最高のボーカルを奏でさせよう!

 

ゲームの流れ

vocal2
ゲームをプレイするだけではなくランキングでハイスコアを競うことができる。
また、ショップで追加の楽曲も購入できるのでどんどん新しい曲に挑戦しよう。
 

vocal3
はじめから入っている曲は、
「ふるさと」「トロイカ」「トルコ行進曲-オワタ-\(^o^)/」の三曲
「トロイカ」の歌詞はすしネタになっている。
「トルコ行進曲-オワタ-\(^o^)/」はオワタPによる作詞・編曲によるもの。
 

vocal4
難易度は、「やさしい」「ふつう」「むずかしい」の3パターンから選べる。
通常の音ゲーとは異なるので、音ゲーに慣れているひとも、最初は「やさしい」から
はじめることをオススメする。

プレイは、1曲プレイする事に1本の「プレイボトル」が消費される。
プレイボトルは、7分で1本回復するもので、
プレイボトルが永久に減らないようなアイテムも販売されている。
 

vocal5
楽曲をプレイし始めると7種類のパイプと歌詞のかかれた「ボカロダマ」が
下から上へと上がってくる。
「ボカロダマ」が頂上にたどりつくまでにパイプの色と違う「ボカロダマ」を
同じパイプに移動させるのがこのゲームの趣旨だ。

正しく移動させることができれば正常に歌われ、
間違うと狂った音程になるので気をつけよう。
 

vocal6
クリアすると、スコアが表示される。

おもった以上にボカロダマの移動が難しく、
ちゃんと移動できなかったり、移動させすぎたりと、最初は苦戦した。

何度かチャレンジすると自分のレベルが上がるようだ。
 

vocal7
曲は1曲100円、3曲パックで購入することが出来る。
また、初期では「むずかしい」までしか無いが「激むず」も
購入することによってプレイすることが出来る。

「千本桜」「マトリョシカ」「ダブルラリアット」など
ミリオン再生されている大人気楽曲も購入することができるので
Vocalファンなら、ぜひ、これらの曲はゲットしたいところだ!

 

『ボカロダマ』のDLはこちら

 

コメントコメント(0)

Copyright(c)appli town All Rights Reserved
トップへ戻る